ジャンルレスな映画批評

『JIMI:栄光への軌跡』の映画批評

『JIMI:栄光への軌跡』の映画批評

2015年公開、ジョージ・ミラー監督の『JIMI:栄光への軌跡』。

1970年、27歳の若さで亡くなった天才ギタリスト、ジミ・ヘンドリックス。
無名のバックミュージシャン時代をどのようにして脱したのか。
スターダムへ駆け上がる66~67年の2年間を描いたヒューマンドラマ。

ジミを演じるのは人気ヒップホップユニット、アウトキャストの”アンドレ・ベンジャミン”。
この意外なキャスティングも注目され話題となった。

→ こちら